URLフィルタの紹介と業務で注意すべきアクセス先

概要

NetStableのURLフィルタ機能には、「サンプルリスト」として弊社からドメインリストを提供しています。

リストに掲載しているドメインについて、リスト掲載の意図と活用例についてご説明致します。

掲載しているジャンル

URLフィルタのサンプルとして提供しているリストには、以下のようなサイトのドメインを掲載しています。

  • アダルト・出会い系
    多くの会社で業務中に見ることが不適切とされているサイトです。
    業務に関係ないだけで無く、偽サイトやマルウェア感染の可能性が高いとされています。
  • Webメール
    業務以外のメールアカウントを利用している可能性が想定されます。
    必要であれば、業務メールの環境の更新や見直しを行ってください。
  • ソフトウェア・ダウンロード
    業務用端末で許可されたソフト以外をインストールする可能性があります。
    一部のサイトでは、広告ソフトを添付しフリーソフトを配布している場合等があるため、注意が必要です。
  • オンラインストレージ
    外部とファイルの共有や共同編集を利用している可能性があります。
    業務データが不用意に共有されたり、アクセス権の設定が適切でない可能性があります。
  • SNS・掲示板・オークション・ショッピング・動画
    プライベートで閲覧されることが多いカテゴリのサイトです。
    業務利用の場合も、プライベートと業務を混同しないよう、適切な管理と運用をお願いします。

URLフィルタ機能の使い方

NetStable設定画面の「URLフィルタ」より設定することができます。
本記事で説明した「サンプルリスト」も登録することができます。
詳細につきましては、NetStable管理画面右上の「マニュアル」をご参照ください。

まとめ

  • NetStableのURLフィルタ機能には、サンプルリストが提供されている
  • サンプルリストには、主にプライベートで利用するサイトのURLが収録されている
  • URLフィルタのサンプルリストは「設定」画面から設定できる